トップページお知らせ・イベントブログ>工作教室「ゴム動力Car」を開催しました

お問い合わせ

工作教室「ゴム動力Car」を開催しました

2020年12月05日

水の科学館では、新型コロナウイルス感染防止対策を講じながら11月29日(日)に工作教室「ゴム動力Car」を開催しました。
用意するものは、ペットボトル・輪ゴム・竹ひご・発泡トレー・紙やすり・金具・はさみ・ペンチです。
作り方は、最初、車体になるペットボトルにあらかじめ開けておいた穴に竹ひごを2本通し、両端に発泡トレーを大小丸く切って組み合わせた車輪をそれぞれ差し込んでホットボンドで接着します。
次に、後輪側の車軸中央とペットボトルのキャップにペンチで金具を取り付け、同じくホットボンドで接着し、輪ゴムを引っ掛け、ペンチで外れないように圧着します。
最後に、後輪の幅に切った紙やすりを後輪に貼り付けて、ゴム動力Carの完成です。
遊び方は、チョロQと同様で、車を地面につけたまま何度か後方に引いて手を離すと、ゴムの動力で勢いよく走り出します。
上手に走らせるコツは、4輪とも地面と垂直になるよう取り付けることです。
参加者の中には、
「工作教室に何度か参加したことがあるが、今回も楽しかった」
「家でもう一度作ってみたい」
などと言われる方もいました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

     
前のページへ 次のページへ